対応言語

Para Japan Corporation Language

トップページ | カテゴリー:対応言語

中国語翻訳について(簡体字・繁体字)

公用語として話されている国:簡体字:中国本土、シンガポール中国語翻訳
繁体字:台湾、香港、マカオ
準公用語として話されている国:マレーシア、インドネシア、タイ など
世界の華僑居住区
話者人口:約15憶人
分類:シナ・チベット語族
使用されている文字:漢字
文字数:約56,000

中国語には3,000年以上の歴史があります。もともとは画数の多い繁体字が使われていましたが、1956年、中華人民共和国によって国民の「読み書き能力」が促進され、現在大陸で使用されている簡体字が使われるようになりました。香港・台湾では昔ながらの繁体字をそのまま使用しています。
中国語の特徴として「形 (文字)・音 (発音)・義 (意味)」の3つを兼ね備えています。形こそは、時代を経て変化していますが、基本的な体系は当時から変わっていないといいます。
また、中国語はその話者数や、影響力の大きさ、世界的な通用度の高さから国際連合の6つの公用語の1つとして選ばれています。

世界一の人口を誇る中国を中心に話されている中国語。
世界人口の約20%が中国語を話していることになります。
これだけの話者がいることもあり、ひとえに「中国語」といっても実際には北京語、広東語、福建語などのように多くの方言があります。それらの方言同士でも通じないこともあるほどです。
中国は「世界の工場」と呼ばれ、世界各国の企業が中国に進出しています。それに伴い、ビジネスに必要な文書を中国語に翻訳する場合も出てきます。

翻訳会社パラジャパンではお客様よりご依頼いただく翻訳言語の約2割が中国語です。コンピュータ (ハード・ソフト)、自動車、機械、通信、半導体、電気、化学、医学、薬学、金融、ビジネス、行政…など、あらゆる分野に対して多数の実績とノウハウを持っており、お客様のご希望に添った最適な翻訳を提供させていただきます。

中国本土、台湾、香港など、使用される地域によって体裁や仕様などが異なりますので、その点にも十分に注意を払って対応しています。
和文中国語訳、中国語和訳に加え、パラジャパンではネイティブによる中国語チェックや、ナレーション、動画編集、音声文字おこし (翻訳) サービスも承っております。

中国語は日本人になじみのある漢字が使われています。実際には、簡体字・繁体字がありますが、日本の漢字とも同じ、あるいは似ている字もあり馴染みが深い言語かもしれません。じっと見てみると、なんとなく書かれている意味を理解できることもあることでしょう。
ところが、日本語と同じ表記をしても別の意味となるものも多くあります。
「この意味分かった!」と思っても驚く意味であったりするのです…

ここで、日本語と同じ表記をしていても、別の意味となる例をいくつかあげてみたいと思います。
【例:簡体字編  ( ) は簡体字/繁体字表記】
湯 (汤/湯)→スープ
娘 (娘/娘)→お母さん
謝る (谢/謝) →感謝する
青 (青/青) →緑色
手紙 (手纸/手紙) →トイレットペーパー

翻訳の使用先 (ターゲット) により、書体が異なります。
簡体字 (大陸本土)、繁体字 (香港又は台湾) を必ずご指定下さい。
また、繁体字につきましては、香港の繁体字と台湾の繁体字も用語によっては異なる表現をすることもあるため、可能な限りヒアリングをさせて頂いております。

最近行ったパラジャパンの翻訳実績の一部をご紹介します。
・充放電システムコントローラシリーズ (和文中国語訳)
・ポンプヒーター監視システム (和文中国語訳)
・自動車関連用語集作成 (和文中国語訳)
・水中エアレータカタログ (英文中国語訳)
・中国水処理ガイドライン (中国語和訳)
・中国先端技術発展計画書 (中国語和訳)
・汚泥処理工場に関する入札資料 (中国語和訳)

翻訳料金表

翻訳項目 単位(訳仕上げ) 価格※
中国語→日本語(専門翻訳者+ダブルチェック) 400字 3,200円
日本語→中国語(ネイティブ専門翻訳者+ダブルチェック) 400字 4,250円

※ お見積もり時に訳仕上げ量を想定の上、算出させていただいております。
※ パラジャパンの翻訳料金は、特急料金を設けておりません。また分野に関係なく均一料金で、分かりやすくやさしい料金体系となっております。