対応言語

ペルシア語

ペルシア語は、イランを中心とする中東地域で話される言語で、インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派に属します。イランをはじめ、タジキスタン、アフガニスタンで公用語とされています。

使用されている主な国・地域
イラン、アフガニスタン、タジキスタン、ロシア、バーレーン、アゼルバイジャン、ジョージア (グルジア)、ウズベキスタン、イラクなど
公用語人口
5,000万人 (母国語人口 約4,600万人)

アフガニスタンではダリー語、タジキスタンではタジク語と呼ばれ、現在ではそれぞれペルシア語の方言という位置づけではありますが、イランのペルシア語とは発音や語彙などに違いがあるため、別言語として扱われる場合もあります。

アラビア語との関連性も強く、アラビア文字を基本とした32文字のペルシア文字で表記します。また、数多くのアラビア語の語彙を借用しています。

 

 

ペルシア語は、インドの諸言語 (テュルク諸語、及びヒンドゥスターニー語など) にも大きな影響を与えたことで知られています。
そして日本でもすっかり定着した言葉にも、欧米諸語を経由する形でペルシア語からの借用語が多々あります。 (キャビア、パジャマ、レモンなど)

また、ペルシア語で土地、国を意味する「スターン」という語が、中央アジアから中東にかけての数多くの国や地方の名称の語尾として使用されていることから、古代ペルシア文明の繁栄と強い影響力をうかがい知ることができます。

 

 

翻訳料金については、お気軽にお問い合わせ下さい。