対応分野

特許翻訳

自社の開発技術を海外発信する権利取得の手段、特許。

知的財産に関わるそれぞれの文書を、翻訳を通じて正確に伝達することで、お客様企業のビジネスの成功を支援します。

特許を翻訳し文書を作成するにあたって重要な事は、申請用の翻訳文書か、書かれている内容を確認するための翻訳文書かどうかという点です。申請用の特許明細の翻訳の場合、大変重要な点があります。審査に使用される明細書は「審査が行われる国の言葉で書かれた明細書」です。つまり、

日本から海外へ出願: 英訳された明細書
海外から日本へ出願: 和訳された明細書

が審査に使用されることになります。このことを考えても、申請用の特許明細書の翻訳がいかに重要かお分かり頂けるかと思います。

また、海外で使用される特許文書と、国内向けの特許文書では、文書の作り方が違います。
そのためパラジャパンでは目的に応じ、文書の並び替えなども行います。


特許の翻訳は、多数の実績を持つ特許専門の翻訳者が担当しております。

 

主な特許文書

特許出願文書/海外特許文書

 

主なクライアント業界

特許事務所/民間企業各社/研究機関/民間企業技術・開発部門/メーカー